武尊山登山道における危険箇所について

2021.7.9お知らせ

武尊山登山道における危険箇所の状況についてお知らせします。

中ノ岳~家の串区間にある登山道の途中に危険箇所があります。

写真のとおり、登山道頭上にある大きな岩を支える地面にヒビが入っており、雨や風などの影響を受けると、登山道へ落石の危険があります。

中ノ岳~家の串区間の登山道を利用し登山する際は、危険箇所について十分ご注意ください。